炭水化物で皮脂が増えニキビが大量発生!?

AIBIからのお知らせ, ストレス, ニキビ, ニキビ 生活習慣, 生活習慣, 睡眠, 食事

こんにちは!
あいびの辻本です(^^)

ついこの間年が明けたと
思っていたのに、
気が付いたら
あっという間に4月でした( ゚Д゚)
早いですね~

4月は出会いや別れの季節ですが、
あなたはいかがお過ごしでしょうか?

新しい生活をスタートしている方も
多いことと思います。

新しい環境に変わるとこんな事ないですか?

・環境の変化によるストレスや睡眠不足
・忙しくて外食やコンビニ食カップラーメンでついつい終わらせてしまう
・新しい環境で気疲れし、ついつい過食になってしまう

そしてこんな日が続くと
しっかりケアをしているのに
ニキビが出来てしまう事ありませんか?

もしかするとそのニキビ、
ストレスや睡眠不足、
偏った食事が原因かもしれません…(>_<)

ダメだダメだって思うほど
これらの事をついつい行って
しかも止められない!

ストレスは増幅していくし
睡眠時間がとれなくて
イライラするというように
生活リズムが乱れていきますよね…?

こうなると、しっかりとニキビケアを
サボらずに行っていても
ニキビが出来やすくなるんです。

なぜかと言いますと、
ニキビの原因のひとつである
「皮脂の過剰分泌」は、
生活習慣によっても起きると
言われているからです。

ニキビが出来やすいとは
どういう状態か知っていますか?

そもそも、ニキビは皮脂が大量に分泌し
通常であれば毛穴からスムーズに
排出する皮脂が、毛穴に詰まる事から
ニキビが出来やすくなります。

このニキビの原因である皮脂過剰分泌は
先ほど例に挙げた生活習慣で
とても起こりやすいのです。

そんな生活習慣でまず
思い返して欲しいのが「食事」です。

あなたは普段どんな食事が
多いですか?

野菜ですか?
魚ですか??
パンやお肉どれが中心でしょうか?

様々な食生活がありますが
昔と変わらず日本人に愛されているのは
やっぱり炭水化物ではないでしょうか?

炭水化物は相当意識しなければ
1ヶ月に1度も口にしないっていう事は
少ないと思います。

ダイエットで炭水化物の大量摂取は
良くないと言われていますが
お肌にとっても悪影響が
及ぶこともあるんです。

その理由は・・・

炭水化物に含まれる糖質を
分解するときに、
多くのビタミンB群を
消費します。

ビタミンB群には、
糖質を分解する以外にも
皮脂の分泌量を
コントロールする
作用があるんです。

炭水化物を多量に摂取する事で
糖質分解を優先的に行います。

その結果、ビタミンB群が体内で
消費され少なくなり、皮脂を
コントロールするまで追いつかなくなるのです。

さらに、
炭水化物は
血糖値を上昇させます。

血糖値が上昇すると、
元に戻すために
インスリンというホルモンが
分泌されますが、
このインスリンが
皮脂腺を刺激するのです。

つまり、
炭水化物を摂り過ぎると、
ビタミンB群の消費と
インスリンの影響で、
皮脂の過剰分泌が
起きやすくなってしまうのです。

とは言っても、
炭水化物は
生きていく上で
必要なものです。

食べ過ぎに注意したり、
炭水化物を食べる前に
お野菜を食べるなど、
量や食べ方に
気をつけてくださいね!

私も過去に
ニキビが出来ていた時期は、
大量に炭水化物を食べていたのを
思い出します(+o+)

また、不足しがちな
乳製品は積極的に摂取し、
野菜や海草類は多めに摂るなど、
バランスの良い食事が大切です。

食材としては、
納豆、卵、バナナ、レバーなどは
ビタミンB群を多く含んでいるので、
積極的に摂取して
いただきたいと思います。

お食事をバランスよく摂取する事は
勿論ですが、
もう1つ気を付けていただきたい
生活習慣があります。

それは、睡眠です。

睡眠中は
成長ホルモンを分泌しながら
新陳代謝を繰り返しています。

私たちは眠っている間に
皮膚細胞の修復や再生を行っているのです。

睡眠が不足すると、
成長ホルモンの分泌量は減少し、
お肌の生まれ変わりにも悪影響を
及ぼします。

お肌の生まれ変わりがうまくいかないという事は
それだけ代謝が悪く免疫力も低下します。

そして、何より古い角質が剥がれにくくなり
蓄積されて硬化し、ニキビやニキビによる
シミの原因にもなるのです。

それ以外にも、
睡眠不足で脳が疲れていると
ストレスを蓄積しやすくなります。
慢性的なストレスが続くと、
自律神経系の交感神経が
活発化するため、
寝たいと思っても
スムーズな睡眠へ移行することが
難しくなります。

さらに、
ストレスによって
自律神経系の交感神経が刺激されると、
男性ホルモンの分泌量が増加するのです。
男性ホルモンには
皮脂の過剰分泌を引き起こす作用があり、
ニキビの原因のひとつになってしまいます。

睡眠は身体を休めるためだけではないという事
お分かりいただけたでしょうか(^^)
細胞が生まれ変わるためにも、
ストレスを蓄積しないためにも、
十分に寝ないといけないんです。

睡眠時間は出来れば6時間は
とっていただきたいですが、
大切なのは質の良い睡眠が
出来ているかです。

睡眠の質を上げるために
お風呂はシャワーで済ませず
湯船につかったり、
寝る1時間前から携帯の画面は
見ないなどもお試しくださいね☆

好みの匂いをお部屋に充満させておくことで
ストレスの緩和にもなるので
寝室でアロマを焚くのもおススメです。

睡眠もただ寝るだけのものではなく
リラックスし、1日をリセット出来る様な
上質な睡眠が大事なので
ベルシリーズの正しいスキンケアと共に
最初にお話しした食事・睡眠も
取り入れて下さいね。

お肌について
少しでもご不安なことや
お悩みがございましたら
お気軽にご連絡くださいね☆

▼お肌のお悩みはこちら▼
あいびのお悩み相談室

▼ご新規のお客様はこちら▼

▼あいび製品をご使用いただいている方はこちら▼

▼公式インスタグラムでも情報発信中♪▼

関連記事一覧