無意識に行っていた『あること』が赤ニキビを作っていた!?

AIBIからのお知らせ

こんにちは!
あいびの三浦です。

突然ですが、あなたは、
昔の写真を見返したりしますか?

学生時代から、
何度もしつこく繰り返す
赤ニキビに悩んでいると、

周りの人に
お肌を見られることが苦痛で、
形に残る写真や動画なんて、
絶対に写りたくない!!

と思ってしまいますよね(>_<)

かく言う私も
そう思っていた一人だったんです!

どうしても
写らなければいけない時は
少しでもカメラから
遠くなるように
写っていましたし、

遊びに行った時に
必ず撮るプリクラは、
美肌補正MAXにするのが
当たり前でした!

そんなこと、あなたも
身に覚えがありませんか?(>_<)

でも、なぜ急に、
こんな話をしたかと言いますと、

つい先日、
実家で荷物の整理をしていたら、
学生時代の懐かしい写真が
出てきたんです!

そして、それらの写真には必ず
赤ニキビが一緒に写っていました・・

それで、この頃は
何をしても良くならない赤ニキビが

辛くて辛くてしょうがなかった

ということまで、
思い出してしまったんです。

でも、それと同時に、
あの頃の私に教えてあげたい
『あること』も発見してしまいました。

それは・・・・

“無意識に行っていた癖が、
赤ニキビの原因になっている”

ということです(>_<)

===============
あなたは、顔の片方にばかり
赤ニキビが出来るという
ご経験ありませんか?
===============

このように、
顔の片方にばかり赤ニキビが出来る、
または、顔の片方だけが赤ニキビの数が
多かったり、悪化しやすいという場合、

無意識に行っている癖が
関係していることがあります!!

たとえば、私の場合、

高校生の時に
左のフェイスラインに
赤ニキビがたくさん
出来てしまう時期があり、
とても悩んでいたのですが、

今思い返してみると、
授業中によく頬杖を
ついていたことが、
原因なんですよね。

だから、
今の自分があの頃の自分と
話せるのなら、

「化粧品を変えたりする前に、
その頬杖が赤ニキビの原因だって
早く気付いて!」

と、言いたいです(/ω\)

この頬杖以外にも、

・寝る時はいつも同じ方を
下にして寝ている

・ついつい癖で、顔を触ってしまう

など、
ほとんど無意識で行っていることが
赤ニキビが出来たり、悪化する原因
となっていることがよくあります。

でも、赤ニキビを
悪化させないための鉄則は、

触らない!刺激を与えない!

ことだと思いませんか?(>_<)

だから、
癖を直すことは難しいですが、
顔に手や物が触れないように、
注意しながら、

日々の赤ニキビケアを行うように
心がけてみてくださいね♪

この他にも、
『出来にくくなっていた赤ニキビが
最近また出来るようになった!』など、

赤ニキビケアを行う中での
お悩み事や疑問に思ったことなども、
是非、お気軽に
あいびにご相談くださいませ♪

あいび 三浦

▼公式インスタグラム▼
お得なキャンペーン情報もここでGET★
フォローお待ちしてます(*^_^*)

▼ご新規のお客様はこちら▼

▼あいび製品をご購入いただいてるお客様▼
こちらからマイページにログイン後、
肌悩み相談をどうぞ!

関連記事一覧