ニキビジミを守る夏に向けての紫外線ケア♪

AIBIからのお知らせ

こんにちは!
あいびの「さき」です♪

最近、気温の差が
激しいですね(+o+)

先日、いとこの結婚式に参加したのですが、
向かう途中で、日焼け止めを塗り忘れたことに気付き、
コンビニエンスストアで
慌てて日焼け止めを買いました!

そんなことがしょっちゅうあるので、
私の家には日焼け止めが何本か
ストックされております( `ー´)ノ(笑)

幸せそうないとこの顔を見て、
自分まで幸せな気持ちになりました☆彡

ところで、あなたは日焼け止めって
何を基準に選んでいますか?

ブランド?
SPF?
塗り心地?

そもそも、
日常生活の中で私達が浴びる紫外線には、
UVA・UVBという2種類あるのはご存知でしょうか?


UVA・UVB とは?

・UVA:
表皮層を通過し、真皮層にまで作用する。
真皮層に存在する、肌質に重要なたんぱく質を変性させ
シワやたるみ作ったり、メラニン色素を酸化させてシミへと変化させたりします。

・UVB:
表皮層に作用。 日焼けの原因であるメラニンを生成したり、
DNAにダメージを与えて皮膚がんの原因となったりします。

紫外線に種類があるなんて、
びっくりですよね!

ちなみに日焼け止めの
【SPF】・【PA】という表示は何かご存知ですか?

SPF:UVBを防ぐ効果を表す指標であり、
通常時の何倍のUVBに耐えられるかという数値だそうです。

分かりやすく言うと、
UVBの影響をどれだけ少なく出来るか?という数値です。

SPF20なら素肌の20分の1、
SPF50なら素肌の50分の1までUVBの影響を抑えられます。

PA:SPFがUVBを防ぐ効果を表す指標なのに対し、
PAはUVAを防ぐ効果を表す指標になります。

PA+なら、UVAを“2分の1”~“4分の1”
程度に抑えることが出来るということです。

ただ、とりあえず強いものを塗っておけばいいや!
というわけではないんです(‘ω’)ノ

例えば…
・日常生活、買い物などの軽い外出:FPS10~20、PA+~PA++
・屋外における軽い運動など:FPS20~30、PA++~PA+++
・炎天下での運動、海で泳ぐなど:FPS30~50+、PA++~PA++++

重要なのは、時間ではなく、
その場所での紫外線の量や自分の体質です。

短時間でも紫外線が強い場所なら数値が高いものを使い、
こまめに塗り直す必要があります!

一般的に、数値が高くなるほど、
肌に負担がかかり、荒れる原因となったり、乾燥しやすかったりします。

なので、目的と用途に対して
使い分けるがことが大切です(^^♪

もちろん日焼け止めをお肌に塗った後は
あいびのベルブランでしっかりケアをしてくださいね☆

べルブランは 【トラネキサム酸】という成分が
メラニンの生成を抑え、活性酸素を抑制してくれます。
なので紫外線などにより
目立ってしまったニキビによるシミをケアしてくれるんです(^^)

先日、ベルブランをご使用されている
T様から野球観戦に行ったときのことを
おハガキに書いてお送りいただきましたので、
紹介させてください♪

——————————————-
野球観戦のため、
炎天下の中にいたら日焼けしてしまい、

頬と鼻先が真っ赤に…。

その日のうちにベルブランを
コットンに付けてパックしました。

潤いがしっかりお肌に届く
使い心地が好きです。

ニキビも愛用してたら、
落ち着いてきて気にならなくなっていますが、
油断することなく使い続けたいと思います!
——————————————-

T様嬉しいお声、ありがとうございました(^_-)-☆

コットンパック、暑くなってきた時期は
とくに気持ち良いですよね!

日焼け止めと併せて
ベルブランでの日ごろのケアも継続していき、
お肌トラブルの起きにくいお肌を作っていってくださいね。

何か質問やご不安なことございましたら
どんなことでも構いませんので、
是非、あいびにご相談くださいませ♪

あいび さき

▼ご新規のお客様はこちら▼

▼あいび製品をご購入いただいてるお客様▼
こちらからマイページにログイン後、
肌悩み相談をどうぞ!

▼公式インスタグラムでも情報発信中♪▼

関連記事一覧