ニキビの天敵!過剰な皮脂の分泌に繋がる「ある行動」とは?

AIBIからのお知らせ

こんにちは!
あいびの日高です(^^)/

暑い日が続いていますね…

皆様は自宅から最寄り駅に向かう
徒歩の時間だけで
汗がダラダラと出てきませんか!?

電車を待っている間にもジワジワと
汗が止まらず…

扇子が手放せなくなりました!!

夏なので仕方ないですが、
憂鬱になりますよね((+_+))

私は最近、お水を入れた
ミニサイズのペットボトルを手で握って
最寄り駅まで向かっています(^^)

甲子園でも熱中症対策として
取り入れられたそうですよ!

※冷蔵庫から出したばかりの
ペットボトルは5度くらいなので、
タオルを1枚巻き、
冷たいと感じる位が適温です。

さて、個人的な話は置いといて…(笑)

本日はこの夏、特に気になる

「皮脂の分泌」

について お話させてください!

皆様は
「皮脂が拭いても拭いても止まらない!!」
なんてことはないですか?

もしかして、
・タオル
・ハンカチ
・あぶらとり紙
で皮脂を拭き取っていませんか?

私も昔あぶらとり紙を使用していて、
「よし!たくさん皮脂取れたぞ~!これで良し!」
と思っていたのですが、
結局、時間が経つとテカっていました( ノД`)シクシク…

実はその行為が
お肌にダメージを与えていて
より皮脂を出す原因
になっていたのです(*_*)

皮脂が分泌されるのは
角質層を乾燥から守ろうとする

「防御作用」なのです!!

角質層の水分量が
十分足りている場合は、肌が
「あまり皮脂を出さなくても大丈夫」
と判断し、皮脂分泌も少ないままです。

しかし、
足りていないと過剰反応した場合は、
大量に皮脂を出して
お肌を守ろうとします。

顔のテカリは「肌の乾燥」が
根底にあります!!

あぶらとり紙は
皮脂を余計に
吸い取ってしまいやすく、

タオルやハンカチには
洗濯洗剤の残りが
付着したままに
なっている場合があります。

拭き取りによる摩擦により
お顔を刺激する場合もあります。

この事実を知って
なんてことをしていたんだ私は…
と反省しました((+_+))

じゃあ、どうしたら良いの~!?
と思いますよね!!

実践していただきたいのは
「ティッシュペーパー」
です♪

ティッシュペーパーを広げて
優しく抑え、こまめに皮脂を
取っていただくことを
オススメしております(^^)

洗顔後もタオルではなく
ティッシュぺーパーを
ご利用くださいませ♪

ティシュペーパーは
比較的安価ですし、
バックやリュックに
常備されている方が
多いと思うので
今日から実践できますね(^^)v

あぶらとり紙を
どうしても使用したいときは
皮脂を取りすぎないように
注意してください。

また、力を入れすぎないように
使用してください。

乾燥を防ぐために
ベルブランの後は
しっかりとお化粧水を塗って
水分を取り込み、
最後にクリームを塗って
潤いが逃げないように
蓋をしてくださいね(^^)/

乾燥が気になるなと感じたときは
化粧水を2度付けしていただくのも
オススメです!!

また、今年の秋や、冬に
新しい悩みを増やさないためにも、
日々の紫外線対策が大事になってきます!

紫外線の影響はすぐに出ず
秋や冬になってからトラブルとして
お肌表面に出やすくなってしまうのです。

ですので、今のうちから
日傘や日焼けどめクリーム、帽子で
紫外線対策をしながら
ベルブランによるケアを続けて、
秋に備えてくださいね♪

今後も理想のお肌に近づくために
なにかお困りのことがございましたら
いつでもご相談ください☆

▼ご新規のお客様はこちら▼

▼あいび製品をご使用いただいている方はこちら

▼公式インスタグラムでも情報発信中♪▼

あなたからのお声も
お待ちいたしております★

関連記事一覧