こんにちは
あいびのニキビ・ニキビ染みケア
アドバイザーのすずのです

暖かいような~気もしますが
まだまだ、日が暮れると
寒いですし、インフルエンザに
かかっている方も大勢おられます

インフルエンザの予防接種を
している方でも、かかっている
人も多いので、気をつけて
過ごしてくださいね

では、本日のベルブランの
ご感想を紹介したいと
思いますね

紫桜様

お名前   紫桜様
年齢    29歳

お悩歴   10年以上
使用歴   3か月

満足度   ★★★★☆
中学時代からの悩み・・・
思春期あけ、大人になれば無くなるのかな・・・
そう思っていた。

ニキビは今でも私を悩ませています。
でも、ベルブランを使い始めて3か月。

ニキビが出来る数が減ったし、出来ても
気にならなくなるのがとても
早くてビックリしています!!

浸透が良くて美容液としても手離せず!

毎月変わっていく肌の様子が、今では楽しみです!!

と、この様なご感想を頂きました

ご感想ありがとうございます。

ベルブランを実感して頂けている
という報告は、本当に嬉しいですね

ベルブランの浸透が良い秘密は
成分にあります。*角層まで

肌というのは、細胞と細胞が
くっついていて、それが1枚皮の
ように見えていますが、実は
細胞が、接着剤のようなもので
一つ一つくっつけられているのです。

その接着剤の役目を果たしているのが
細胞間脂質

この細胞間脂質があることによって
外部からのホコリや汚れを
吸収しにくくなり、肌を守る
役割をしているのです。

で・す・が
この、細胞間脂質は、外部からの
侵入を防いでいるわけですから
美容成分などの侵入をも防いで
しまいます

そのため、塗っても塗っても
実感出来ないという結果に
終わってしまう場合もあるのです。

あれ?
じゃぁ~~何塗っても一緒なの??

と、思ってしまいますよね?

ですが、ベルブランには、この
細胞間脂質に対して馴染の良い成分を
配合してあります。

それが、油溶性甘草エキスです。

細胞間脂質・・・「脂質」ですよね?

脂質ということは、「脂」なんです。

つまり、どういう事なのかというと
油と水の相性を想像してください!

油と水の相性って、良くありませんよね?

むしろ、最悪です^^;

水は、油と馴染が良くない為
ベルブランは「水溶性」ではなく
「油溶性」つまり、油と油で対抗している
というわけなんです。

油は、油に混ざりやすいし、溶け込みやすい
というのは、想像できるかと思います。

その為、肌馴染みが良くなり、更に
ベルブランの後に塗る化粧水も
一緒に、奥へと浸透しやすくなるという
事なんです*角層まで

なので、ベルブランは浸透を
実感しやすい美容液なんですよ

ブースター効果で、その後に塗る
化粧水やクリームなども、一緒に
引っ張ってくれるので、このまま
毎日、使い続けてくれれば嬉しいです

ベルブランだけではなく
あなたが普段行ってるケアや

ニキビ・ニキビ染み本格ケアなど
何でも、ご相談ください

必ずお返事させて頂きます。

こちらから、ご相談ください

お客様ご相談窓口
お待ちしております

担当 すずの

関連記事一覧