お肌のお悩みについて

お肌のお悩みについて

  • お肌にかゆみが出ます。

    かゆみは肌が敏感になっているとき、
    初期段階として出る症状です。
    かゆみからヒリヒリ、
    そして痛みという症状が
    変わっていく場合があります。
    かゆみが出た季節や
    タイミングによっても原因は違います。

    化粧品を使った箇所にのみ
    出る反応は「刺激」により
    かゆみが出ています。

    化粧品を使っていない箇所にも
    かゆみが広がる場合は
    アレルギーの可能性が高いです。

    1.季節性のかゆみ
    2.乾燥によるかゆみ
    3.アレルギーによるかゆみ

    1.季節性のかゆみ

    【原因】
    花粉のアレルギーがある方は特に、
    花粉がお肌に触れることで
    刺激を受けています。

    普段使用している化粧品を
    使用してもかゆくなる場合は
    季節性のかゆみである可能性が
    非常に高いです。

    春や秋は気温の寒暖差が激しく、
    紫外線が強くなってくる時期は
    お肌のバリア機能が低下します。

    目がかゆくてかいてしまう
    鼻をかみすぎてしまう、などの
    摩擦による刺激を受けている場合もあります。

    【対処法】
    ・かゆくてもなるべく掻かない
    ・バリア機能が低下しているので、
    クレンジング・洗顔時は
    こすりすぎない。
    ・低刺激のお肌に優しい成分の
    スキンケア商品を使用する。
    など心がけてください。

    2.乾燥によるかゆみ

    【原因】
    冬や季節の変わり目にかゆみが出る場合は
    肌が乾燥しすぎていて、
    かゆみが起きている可能性が高いです。

    ・白く粉を吹く箇所がある
    ・肌がごわごわしている
    ・肌がくすんでいる
    ・肌がカサカサしている

    この様な症状はありませんか?

    お肌の水分と油分がともに低下していることで
    皮膚表面の膜がきちんとできておらず
    外的刺激から守れずお肌がムズムズしています。

    【対処法】
    保水・保湿が大事なので
    スキンケアの最後には
    しっかり乳液(クリーム)で蓋をしてください。

    入浴後のスキンケアはすぐにしましょう。
    外の冷気に触れることで乾燥がすすみます。
    10分以内にはスキンケアを
    するよう心がけましょう。

    3.アレルギーによるかゆみ

    【原因】
    花粉などのアレルギーのほか
    化粧品に含まれる成分による
    アレルギー反応が起きている
    場合があります。

    気を付けたい成分
    合成香料・合成色素
    ラノリンアルコールなどの界面活性剤
    これらが含まれていないか?
    確認してみてください。

    【対処法】
    かゆみが出たら、
    ・低刺激の石鹸で洗い流す。
    ・すぐに冷やす。
    ご使用しているお化粧品は
    一旦中止しましょう。



    何でかゆみが出るのかな?
    このままケアしても大丈夫?など
    ご不安なことがありましたら
    ご相談ください。

    ご相談はこちらから
    悩み相談室

     

  • お肌がヒリヒリします。

    美容液・化粧水・乳液(クリーム)を使用したときに
    ヒりヒリとする場合に考えられることは3つあります。

    1.水もしみるような場合

    .2.花粉などのアレルギーによる、季節によってヒリヒリする場合

    3.新しく使いだしたスキンケアのみヒリヒリする場合

    水もしみるような場合

    かなりお肌が敏感な状態になっています。

    【原因】
    お肌がとても乾燥している状態です。
    お肌のバリア機能が
    壊れてしまっていて、
    ターンオーバーが正常になされてなく、
    自然代謝能力が落ちていて
    保水力が低下しています。

    そのため、角質層が薄く
    目には見えない亀裂が
    お肌の表面に入ってしまっているために
    ヒリヒリします。

    【ケア】
    低刺激のスキンケア商品を使用して
    保水・保湿をしっかりしましょう。

    洗顔はなるべく、洗顔料を使用せず
    水だけの洗顔にして、
    お顔をふくものは
    刺激の少ないティッシュを使用してみましょう。

    もっと詳しく聞きたい方
    自分に合ったアドバイスが欲しいなという方は
    こちらから♪
    お肌悩み相談室

    2.季節によってヒリヒリする場合

    主に2つの原因が考えられます。

    【1つ目の原因】
    季節の変わり目は
    体調を崩しやすく、
    体内の健康機能が低下しています。

    そうすると
    肌のターンオーバーの働きが
    鈍くなってしまい
    インナードライになりやすく
    肌がヒリヒリするという
    症状が出やすくなります。

    【2つ目の原因】
    花粉などのアレルギーにより
    お肌のヒリヒリが起きている時は
    知らない間にお肌へのダメージを
    受けている場合があります。

    乾燥して弱った肌に
    花粉がさらせると
    反応して肌がダメージを受けてしまったり、
    アレルギーのもとに
    どこか少しでも体が触れただけでも
    触れていない部分にまで
    反応が出てしまう場合もあります。

    【ケア】
    いつもと同じケアを
    していてもヒリヒリを
    感じる場合は
    低刺激な
    スキンケア用品に変えて
    もてください。

    肌のターンオーバーの
    正常化のために
    コットンパックも
    取り入れてみましょう。

    もっと詳しく聞きたい方
    自分に合ったアドバイスが欲しいなという方は
    こちらから♪
    お肌悩み相談室

    新しく使用したスキンケア用品のみヒリヒリする場合

    2つの原因が考えられます。

    【1つ目の原因】
    もともと、ダメージのあった
    お肌に美容成分の
    強いものを
    使用すると、お肌の奥に
    その美容成分が入っていくことで
    ヒリヒリを感じる
    ことがあります。

    【ケア】
    使い続けているうちに
    お肌が慣れてきて
    ヒリヒリしなくなっていきますが
    気になるときは
    少量のワセリンや
    いつもご使用されている
    化粧水を少し
    お肌に馴染ませてから
    使用してみてください。

    それでも気になる場合は
    パッチテストをしてみましょう。

    【2つ目の原因】
    新しく使用したスキンケア用品の
    中に。お肌のトラブルを引き起こす
    成分があるかもしれません。

    成分の特定は難しいですが、
    使用頻度を
    少なくしてみたり
    量を減らして
    様子を見ましょう。

     

    もっと詳しく聞きたい方
    自分に合ったアドバイスが欲しいなという方は
    こちらから♪
    肌悩み相談室

  • お肌に赤みが出ています。

    スキンケアをしていて赤みが出ると不安になりますよね。
    その赤みがどのくらいの時間でおさまるか?によって
    原因と対処方法が変わってきます。

    あなたのお肌の赤みはどちらでしょうか。

    1.時間がたてばおさまる赤み
    2.時間がたってもおさまらない赤み

    1.時間がたてばおさまる赤み場合

    【原因】
    お肌のバリア機能が
    低下している可能性が高いです。
    バリア機能低下は
    お肌が乾燥していることで
    起きてしまいます。

    最近ストレスを感じることが
    多かったり、体調がすぐれないときは
    特に赤みが出ることがあります。

    【対処法】
    ・洗顔はしすぎない。
    ぬるま湯で、泡をしっかり立てて洗顔しましょう。
    高温やごしごし顔を洗うのはNGです。

    ・ケアの後に様子を見る
    経てば美容液を塗った後、少し様子を見てから
    化粧水をつける。
    化粧水をつけた後も少し様子を
    みてから、乳液(クリーム)をつける。

    どのケアをした時に
    赤みが出るかをしっかり
    把握しておきましょう。

    2.時間がたっても赤みがおさまらない場合

    【原因】
    スキンケア商品に含まれている成分に
    お肌を刺激するものが
    含まれている可能性があります。

    今までに、お肌にトラブルが
    起きたことがある場合は
    共通している成分がないか
    確認してみてください。

    【対処法】
    いったん使用は中止し、様子を見ましょう。
    時期を変えて使用してみるのも
    いいかもしれません。

     

    新しいスキンケア商品を使用するときには
    ホルモンバランスの安定している
    生理前から使い始めてください。

    不安になったときにはすぐご相談ください。
    お肌のお悩みはこちらから
    肌悩み相談室

  • ターンオーバーとは何ですか?

    肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。

    皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、さらに表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。

    基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角化細胞となります。

    この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。

    このサイクルがターンオーバーです。

    このように表皮は絶えず入れ替わっているため、表皮に傷がついてもかさぶたとなってはがれ落ち、きれいな肌に生まれ変わるのです。

  • 花粉症とニキビは関係ありますか?

     

    花粉が飛び始める2月頃~春先は、温度差や湿度差が大きくなる時期であり、体調を整えることが難しく鼻や喉、気管や肌などに異常が現れやすくなります。

    加えて、紫外線量の増加、生活環境の変化による刺激、ストレスなどでもホルモンバランスが乱れたりしがちです。

    そのようなときに花粉症に見舞われ、マスク、サングラスをしたり、薬や漢方の服用などさまざまに対策されることと思いますが、それでもかゆくて皮膚をこすってしまったり、鼻をかんで周囲の肌が荒れる機会が多くなります。

    こうした摩擦で角質層が傷ついたり、乾燥がひどくなって肌のバリア機能が低下すると、無防備になった毛穴に皮脂や汚れが詰まり、菌が繁殖して、ニキビが悪化してしまうのです。

    また、大量の花粉そのものがつくことで肌が強い刺激を受け、ニキビが悪化することもあります。

    花粉の影響で乾燥し、荒れてしまった肌の調子を整えていくことが、ニキビの重症化予防につながります。

    優しく丁寧に洗顔するように心がけ、低刺激の化粧水をたっぷりと使用して肌の潤いを保ちます。

    肌の乾燥が、花粉症のかゆみを増加させていることも考えられるので、保湿はとても重要です。

    刺激の少ないハーブ入りのスキンケアなどで気持ちもリラックスできれば、さらに効果が期待できますね。

    肌の調子を整えると同時に、花粉症自体の治療も大切です。

    適切な治療を行う耳鼻咽喉科を探し適切な処置を行うことも大切です。

    すぐに効果が出ないこともありますが、医師と相談して様子を見ていくようにしてくださいね。

     

  • 上手に睡眠をとる方法を教えて下さい。

    睡眠はお肌のターンオーバーを行うためにとっても大切ですので、質の良い睡眠を取る事が大事です。

    そのためには、寝る前にストレッチなどを行う事が効果的です。

    また、ホットミルクやホットティーなどをコップ半分くらい飲むといいですよ^^

    後は、アロマなどお気に入りの香りをつけるのも効果的です。

    神経が高ぶると、眠りの妨げになりますのでリラックスできる状況を作っていくことがポイントになります^^

  • お菓子は食べちゃダメですか?

    お菓子類にも色々ありますが、塩分と糖分が多いのがお菓子類の特徴です。

    塩分を摂取しすぎると、それを薄めようと、体内に水分を溜め込もうとします。

    そうなると、むくみの原因になり、血流が悪くなります。

    逆に、お菓子類をあまり食べなくても、糖分の多いものを口にすると、ビタミンB群を大量に消費してしまうため、糖分が多いかもしれない!と感じたら、一緒にビタミンB群を摂取することをオススメします。

  • どんな洗顔料を使用したら良いですか?

    洗顔料は出来るだけ、低刺激でお肌に優しいものをおすすめしております。

    やはり、ニキビ・ニキビ染みなどにお悩みの方の場合は、お肌がデリケートですので、余計な刺激をもたらさない洗顔料を使いましょう!