ニキビ染み用美容液「ベルブラン」Q&A

  • いつ使うんですか?

    朝と晩の1日2回洗顔後すぐに4~5プッシュをお顔全体にお使いください。

    油溶性甘草エキスがお肌に美容成分の通り道を作り、ほかの美容成分も一緒に連れて行ってくれるため、ベルブランの後の基礎化粧品もすんなりお肌になじんでいくからです。

  • 敏感肌なんですけど大丈夫ですか?

    ベルブランは、合成香料 ・タール系色素 ・鉱物油 ・石油系面活性剤・紫外線吸収剤・動物性原料・シリコン・パラベンといった添加物を一切配合していないという、無添加にこだわった低刺激の美白美容液です。

    敏感肌の方にはもちろん乾燥肌・混合肌の方にも安心してケアに使っていただけます。

  • ファンデーションを塗るとカサカサして、化粧直しがしにくいです。

    ファンデーションは、パウダータイプよりも保湿感のあるクリームタイプやリキッドタイプがお勧めです。

    お化粧後も乾燥するようであればこまめにお顔にミスト化粧水等で水分を与えるのが良いかと思います。

  • ベルブランとベルクイーン両方使う事を検討していますがベルブランに追加で注文する事は可能でしょうか?

    ベルクイーンの追加注文は可能です。

    ベルブランとベルクイーンの定期コースもございますので、マイページよりお気軽に変更の旨をお伝えください。

    マイページはこちらです!
    https://aibi-skin.co.jp/shop/mypage/

  • どのくらいで効果がありますか?

    個人差はありますが、お肌のターンオーバー(皮膚細胞の生まれ変わり)を3~4回繰り返してからお肌の変化を感じられる方が1番多いです。

    ベルブランはニキビも予防する事も出来ますし今あるニキビが治った後のお肌のケアも出来ます。

  • 内容量と使用量を教えてください。

    内容量と使用量を教えてください。

    内容量は30mlのトロっとした液状です。

    朝と晩の1日2回4~5プッシュを、ニキビ跡の気になる部分だけでなく、お顔全体にお使いください。

  • 妊娠中なのですが大丈夫ですか?

    ベルブランはお薬ではございませんので、直接、妊娠への影響は考えにくいです。

    ただし、妊娠中はホルモンバランスの影響でお肌が敏感になりやすいため、ご不安に感じることがある場合はお医者様へのご相談をおススメしております。

  • ベルブランを塗った後でも普通にメイクしていいんですか?美容液はべたつくイメージがあるのですが。

    もちろん大丈夫ですよ。

    ベルブランはつけ心地はしっとりしておりますが、違和感を感じたりべたつくということはございませんのでご安心ください。

    いつも通りメイクしていただけます。

  • 現在使用している美容液があるのですけどどうしたらよいですか?

    ご使用中の美容液と併用してお使いいただけます。

    ベルブランは、美容液ですが洗顔後1番最初にご使用していただくことで、普段お使いの基礎化粧品のの通りをよくする効果が期待できます。

  • ニキビがあるお肌に美顔器を使用しています。ベルブランを使用したいのですが、美顔器とベルブランの併用は大丈夫でしょうか?

    ニキビがあるお肌に美顔器を使用しています。ベルブランを使用したいのですが、美顔器とベルブランの併用は大丈夫でしょうか?

    美顔器の種類によるかと思います。

    美容液を使用してもよいタイプとそうでないタイプがありますので美顔器の使用方法をよくお読みください。

  • おでこに小さいニキビの赤ちゃん?みたいなものが沢山出来ています。 おでこニキビはどうして出来るんでしょうか?

    おでこニキビが出来やすいのは汗腺が多くあり、皮脂が溜まりやすい事があげられます。

    そして、おでこに汗のかきやすい方などは、ストレスが溜まりやすい傾向があるようです。

    ストレスを溜めにくくし、日々リラックス出来るお時間を作る様にして下さい。

    また、洗顔も入念に行うようにしてくださいね。

  • 化粧水の後に使用するタイプの美容液やパックなどもベルブラン→化粧水の順で肌につけた後でしょうか?

    市販のパックや、今お使いの化粧水の後に使用する美容液をお使いになる場合は

    洗顔後すぐにベルブラン

    化粧水

    美容液(又はパック)

    クリーム

    という順番でお使い下さいませ。

  • コットンパックは精製水ではないと駄目ですか?

    コットンパックには、必ず精製水をお使いください。

    精製水は、肌なじみもよく、不純物もありませんので、お肌に優しく低刺激だからです。